時短家事。家事の手間を少しでも減らすために、我が家で実践したこと。

2018年10月7日

洗濯ものの山

2人目の子供が生まれ、1人育児から2人育児になったその瞬間から。

私の家の生活は全く回らなくなってしまいました。

溜まっていく洗い物、片付かない部屋、洗濯ものの山、お腹を空かせた子供たち、、、、。

家事に時間をかけている場合じゃない!とにかく毎日を生き抜かなくては!

かなり危機感を覚えた私は、時短家事を合言葉に、家の中をちょっとずつ改革していきました。

その時(といっても去年。)私が実際に取り入れた時短家事のアイデアをまとめました。

料理の手間を最低限に。食事はすべて作り置き!

家事の中でも料理は本当に困りました。

もともとは料理は好きな方だったのですが、2人育児の中で時間に追われながらする料理は全く楽しくなかったです。

大人だけならレトルトや外食で済ませられますが、2歳の子供がいたので、できるだけ手作りの食事を食べさせたい。

でも毎食の食事を作る時間もパワーも残っていなかったので、とにかく料理できる時間があれば作り置きを作っていました

それをタッパーに入れ、冷蔵庫に入れておいて、食事の時間になったら出してきて食べるを繰り返していました。

作り置きなら一度に何種類も食べられるし、献立を考える必要もないので、その点は助かりました。

さようなら掃除機。こんにちはロボット掃除機。

ロボット掃除機ルンバ

時短家事の中で、一番効き目があったのが、ロボット掃除機、ルンバの登場です。

掃除をしている場合ではない!という日々が続く中、このままではいけない!という思いもあって、かなり欲しかったのがロボット掃除機。

うちはマンションなので、一軒家と違ってワンフロアだし、バリアフリーでもあったのでロボット掃除機が来たら助かるだろうと思っていました。

ですが、実際にロボット掃除機ルンバを買ってみると、その楽チンさにに脱帽!!!

もっと早く買えばよかった~と思うくらいでした。

そして、最初の1日はルンバが壊れるんじゃないか?!と思うくらいのホコリが取れました

綺麗にしていたつもりだったので、そのホコリの量にビビりました。

ちなみに、高いだろうな~6万はするかな?と思っていたルンバですが、下見に訪れた家電量販店で、たまたまセール品を見つけ、即購入!

4万円かからない、かなりの低価格で購入できました。

お風呂のマットは珪藻土にして洗濯不要に!

珪藻土を知っていますか?

私は、ママ友の家に行ったとき、お風呂マットに珪藻土が置いてあって「これは何?」と聞いたのがきっかけで知りました。

水をよく吸う石で、最近お風呂マットとして注目されています。

お風呂マットは水気が多く、カビが発生しやすいので、吸水効果が高く乾きやすい珪藻土はおすすめです。

ちなみに、珪藻土って価格もピンキリで、高い珪藻土は3万円近くしますが、私が買ったのはこちらです。3,000円くらいのめっちゃ安い珪藻土ですが、問題なく使えています。
珪藻土バスマット 珪藻土マット 珪藻土 プレゼント ギフト バスマット 足拭きマット 足ふきマット お風呂マット 水切りマット 速乾 吸水 抗菌 おしゃれ 可愛い かわいい 北欧 お祝い 贈り物 内祝 新築祝 HUMUS 送料無料

買い物はコープさんの宅配+息抜きを兼ねて週末に。

育児中に一番できないのが買い物です。

子供が1人だったときはまだしも、2人を連れて買い物に行くって至難の業です。

そのため、買い物は週に1回のコープの宅配&週末に旦那に子供を任せて一人で自転車で行く。←私の息抜きの兼ねて。

ほとんどをその週2回で何とかしのいでいました。(週半ばに旦那に牛乳買ってきてとかはありましたけど。)

あとは、おむつ・おしりふき・トイレットペーパーなど、かさばるものはAmazonで買っていました。

子供が生まれたのをきっかけに加入した「Amazonファミリー」。

最初はおむつがいつでも15%OFF につられてはいりましたが、今では全くやめる余地がないくらい活用しています。

Amazonファミリー(Amazonプライム)に入っていると、Amazonビデオが見放題なのも助かっています!

冷凍野菜を活用して、いつでも青物野菜をストック。

あまり買い物に行けない分、活用したのが冷凍野菜です。

特にイオンのトップバリュー商品は冷凍の野菜が多く出ているのでよく活用しています。

お気に入りは、グリーンピース・ブロッコリー・ほうれん草。

一度冷凍されているので、火が通りやすく、料理の時間短縮にもなります。

何より、買い物に行けないと青物野菜が切れてしまいがちなので、とても助かります。

 

以上が、育児にてんやわんやしていた私が家で取り入れた時短家事の方法です。

同じように育児を頑張っている方のヒントになったらうれしいです。