企業主導型保育園(企業主導型保育事業)に子どもを通わせることにした。企業型保育園って何?!

2018年12月7日

保育園

企業主導型保育園(企業型保育園)というのを聞いたことがありますか?

私は、今回自分の子供を企業主導型保育園に通わせることに決めて、初めてその意味やしくみを知ることができました。

企業主導型保育園とは何か?地域枠と企業枠とはどういう意味なのか、実際に見学に行って聞いた話をまとめました。

企業主導型保育園(保育所)を見学してみた。きっかけは1枚のチラシ。

企業主導型保育園を知ったのは、自宅のポストに入っていた保育園(保育所)のチラシでした。

認可外保育園の1つだろうと思って見てみたのですが、その値段の安さにびっくりしました。

1か月の保育料を「地域枠38,000円」「企業枠18,000円」と掲載されていたのです。

一度ほかの認可外保育園に見学に行ったものの、1か月の保育料が5万円以上だったので諦めたことがあったのですが、それよりずいぶん安いなと思いました。

また、食育に力を入れている保育所と謳ってもいたので、ちょっと興味をもって、一度見学に行ってみることにしました。

企業型保育園(保育所)って何ですか?

実際に見学に行ってみると、綺麗な施設と美味しいごはんがウリの保育園で、子供を預けるには悪くないなと思いました。

「ここは認可外保育園なんですか?」と聞くと、

認可外保育所の1つですが、企業主導型保育所と言います。」と教えてくれました。

企業型保育園という言葉を聞いたことはありましたが、全く意味が分かりませんでしたので、少し説明してもらいました。

説明していただいた内容は以下のとおりです。

  1. 企業主導型保育所とは、株式会社など一般企業が運営する保育所のことである。
  2. 平成28年から国が始めた、「企業主導型保育事業」という新しい制度にのっとった保育所である。
  3. 企業主導型保育事業とは、ある条件を満たした一般企業が保育園を運営する際に、国が認可保育園と同程度の助成金を出す制度のこと。
  4. 国からしっかり助成金が出るので、親が払う保育料が安くても運営できる
  5. 見学した保育所の場合、週4日以上(1日30分以上)働いていたら、利用できる。
  6. この日は長く、この日は短く、この日は不要、などとシフトに合わせて保育園の予定を組める。
  7. 地域枠と企業枠の2種類があって、違いは保育料の値段だけ。
  8. 企業枠に入るには、父母どちらかが務めている会社(企業)と、この保育所との間で契約書を交わすだけ

保育士と子供

地域枠と企業枠って何?その会社の従業員じゃなくても企業枠に入れる?

地域枠と企業枠についての説明がちょっとわかりづらかったので、自分なりに調べてみました。

地域枠は、比較的わかりやすいです。

その地域で働く人の子供を預かるという意味で、つまり一般枠という感覚でしょうか。

(ただし、すべての企業主導型保育園が地域枠を設けているわけではありません

自分の会社で働く子供だけを預かる企業主導型保育園もあります。)

 

ちょっとややこしいのは企業枠です。

例えば、企業Aが保育所を開設したとします。

企業Aの社員の子供は、もちろん企業枠です。

ただ、保育園によっては、他の会社の社員の子供も、企業枠で入れることがあるのだそう。

私が見学した企業主導型保育所も、他の企業の子供も企業枠で受け入れている保育園でした。

条件は、企業同士(つまり保育園を運営している会社と、親が勤めている会社)が契約書を交わすことだけです。

書類

つまり、企業Aと全く関係ない会社(企業B)で働いていても、企業Aと企業Bとの間で契約書を交わすことができれば、企業Bの子供も企業枠として入ることができるのです。

これは、父、母どちらが働いている企業でも良いそうです。

さらに、親が教師の場合など、学校法人などでも大丈夫だそうです。

 

保育所と勤め先の企業との間に契約書を交わすことができれば、子供は企業枠で預かることができるのです。

企業Bは、契約書に記入をするだけで、金銭等のやり取りは全くありません。

実際、この企業主導型保育所では、利用者の8割が企業枠で通っているそうです。

東京では企業主導型保育園は浸透しているようす。

企業主導型保育園で、企業Aと企業Bの間で交わす契約書。

時々、これを怪しんでなかなか記入してくれない企業もあるようです。

ですが、東京の方では企業型保育園の浸透率は高く、抵抗なく企業同士で契約を交わせることが多いのだとか。

私が住んでいる関西地域はじめ、地方では企業主導型保育所がまだまだ少なく、企業枠として入るために、勤め先の会社に説明をしなくてはいけないこともあるのだそう。

ただ、私が見学した保育園では、必要があれば会社への説明もしてくれるとのことでした。

企業主導型保育所のキャンセル待ちに登録することに。

企業主導型保育所の話を一通り聞いてみて、メリット・デメリットも考えたうえで、子供を通わせてみようと思いました。

とはいえ、現在定員はいっぱいとのことだったので、キャンセル待ちに登録することにしました。

しばらくはかかりそうですが、来年4月くらいには空きが出るかもしれないとのことでした。

実際に通わせることになったら、企業主導型保育所のメリットデメリットなども追記しようと思います。

育児

Posted by webmaster